“LGBTフレンドリー”企業の印象」に関する調査

現在、日本では約12人に1人、約8.0%がLGBTに該当するといわれています(2016年株式会社LGBT総合研究所調べ)。 この数字は、左利きの人と同じ割合にあたります。 昨今LGBTに対して取り組む企業が増えていますが、一方「8.0%に対して取り組むのはまだ早い」と考える企業も少なくありません。

アメリカのLGBT消費動向レポート(2015年)

次に来るのは何か?最新のイノベーションや、メディア、消費活動の中で成長し続けるために小売業者、メーカー、マーケッターが常に探り続ける事とは何か。これからのトレンドを探っていく中で、アメリカのLGBT世帯を考慮する事は一つの賢明な選択肢であると言えるだろう。

Load More