次に来るのは何か?最新のイノベーションや、メディア、消費活動の中で成長し続けるために小売業者、メーカー、マーケッターが常に探り続ける事とは何か。これからのトレンドを探っていく中で、アメリカのLGBT世帯を考慮する事は一つの賢明な選択肢であると言えるだろう。

アメリカのLGBT世帯は、平均的な一般世帯に比べ年間で10%多い買い物旅行をするだけではなく、より多い清算をする。全体として、2014年において、LGBT世帯は小売店で平均4,135ドルを消費している。これは、一般世帯と比べ7%も多い消費額といえる。

このLGBT世帯の消費行動は、アパレル、音楽、スポーツ、そしてTVやブランディングなどのマーケティング活動において、魅力的なアピールポイントとなり得る。

つまり、LGBTコミュニティは、アメリカ経済にとってとても重要な貢献者であり、企業は、彼らの消費行動を考慮した上での戦略を立てる事が重要となってくる。

LGBT消費者が何を求めているのか、彼らの消費動向を知ることによって、企業は、次に来るであろう製品の開発や推進を進める上でより有益な準備ができるだろう。

音楽チャンネルの中で、LGBTの音楽ファンは、LGBT以外のファンよりも高いレベルであることが示されている。例えばLGBTの音楽ファンは、ミュージックフェスのチケット消費(消費指数123 23%より多い)やストリーミングサービスの購読(消費指数126)等においても、より多く消費している事がわかる。

音楽活動における年間支出

(LGBT外 LGBT)